ブログ

行政書士事務所を開業しようとするあなた、絶対に失敗しない業務の選び方!

業務20160412

あなたが行政書士事務所の開業を考えている場合、どの業務でやって行くのかが、とても
大事になってきます。

すでにやることが決まっていれば良いのですが、私のようにまだ決まっていない人は、
どうやって決めれば良いのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、業務を決めるための方法と、基本的な3つの視点について、お話したいと思います。
今回は、業務を決めるための方法についてです。
私は平成27年度の行政書士試験に合格し、今年の夏に開業を予定していて、
どの業務をメインでやって行くかを考えています。その際に使っているのが、
キャリアデザインという考え方です。

長期的なキャリアのよりどころとなるのは、「自分がどうしても犠牲にしたくないもの」と
いう価値観です。その価値観は、キャリアアンカーと呼ばれ、これをキャリア選びの指針に
します。

基本的な視点として、次の3つがあります。

①自分は何が得意か?
②自分は一体何が何をやりたいのか?
③どのようなことをやっている自分なら、意味を感じ、社会に役立っていると実感できるか?

これに答えると、自分のキャリアアンカーが大体わかります。

キャリアアンカーは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のシャイン博士による8つの分類が
有名です。

1.専門・職能別
2.全般管理
3.自律・独立
4.保障・安定
5.起業家的創造性
6.奉仕・社会貢献
7.純粋な挑戦
8.生活様式

自分のキャリアアンカーを知りたいときは、ネット上に無料で診断ができるアンケート形式の
ものがあるので、やってみると良いでしょう。

ちなみに、私のキャリアアンカーは「起業家的創造性」でした。
この結果は、私がIT企業で、新規事業開発の中で自社製品の立ち上げに長く携わってきた、
ということが影響していると思います。
次回は、基本的な3つの視点の「自分は何が得意か?」という「自分の強み」について、
話したいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る