ブログ

事業再構築補助金の3次公募開始、新しい枠組とは?

21-08夏の空とセミ-広尾

事業再構築補助金、3次公募開始、締切は9月21日(火)17時!

7月30日に、事業再構築補助金の3次公募開始の発表がありました。
公募要領も公開され、変更点についても公開されています。

前回で終了の可能性ありと予告されていた「緊急事態宣言特別枠」は、継続されることになり朗報です。
また、新たに「最低賃金枠」及び「大規模賃金引上枠」が創設されました。

そこで、今回はその変更点に焦点をあててみたいと思います。

 

1.事業再構築補助金、3次公募の日程は?

申請締め切りは9月21日です。1次、2次の締切は第1週の金曜でしたので、9月3日(金)と予想していたのですが、3週間ほど遅くなりました。準備不足の方にとっては、余裕ができました。でも、あっという間に締切がきますので、早めの準備が必要です。

公募開始:7月30日(金)
申請受付:8月下旬より
申請締切:9月21日(火)17時
採択発表予定:11月中旬〜下旬頃

 

2.3次公募の変更点は?

通常枠の補助上限額がアップします。事業規模が大きな中小企業にとってはありがたいですね。

新たに「最低賃金枠」が創設されました。「大規模賃金引上枠」も創設されています。

今回は、「通常枠の補助上限額がアップ」と「最低賃金枠」に焦点を当てます。

【通常枠の補助上限額がアップ】

通常枠の補助上限額は、これまで一律に6,000万円が上限でした。3次公募からは、従業員規模に応じ上限額が変更となります。

【従業員数20人以下】 100万円 〜 4,000万円
【従業員数21~50人】 100万円 〜 6,000万円
【従業員数51人以上】 100万円 〜 8,000万円

ご自身の従業員規模を確認して、大胆な事業再構築にチャレンジしてみてください。

 

【最低賃金枠の創設】

必要要件を満たし、さらに以下の要件を満たすと、従業員規模に応じて補助します。

・2020年10月~2021年6月の間で、
 3ヶ月以上最低賃金+30円以内で雇用している従業員が全従業員の10%以上いること

・2020年4月以降のいずれかの月の売上高が対前年又は前々年の同月比で30%以上減少していること

補助額
従業員数5人以下:100万円〜500万円
従業員数6〜20人:100万円〜1,000万円
従業員数21人以上:100万円〜1,500万円

補助率
中小企業 3/4
中堅企業 2/3

 

採択率が優遇!

この最低賃金枠で注目すべきは、補助率が3/4に引き上げられ、さらに「他の枠に比べ採択率を優遇」される点です。1次の採択率が、通常枠30%でとても低い採択率だったことを考えると、チャレンジしたい応募枠です。業況が厳しく、最低賃金ギリギリで従業員を雇用していて苦労している方にとっては、とても嬉しい朗報です。

 

3.3次公募の注意点は?

【最低賃金枠で必要な書類】
最低賃金額ギリギリで従業員を雇用していることを示すために、従業員の賃金リスト「最低賃金確認書」の提出が必要となります。

最低賃金確認書 をダウンロード

 

【緊急事態宣言特別枠で必要な書類】
前回で終了の可能性ありと予告されていた「緊急事態宣言特別枠」は、継続されることになりました。ただし、「賃上げ表明書」の提出が必要です。この「賃上げ表明書」というものは、ものづくり補助金の応募で必要となるものとほぼ同じものです。

賃上げ表明書 をダウンロード

 

4.まとめ

公募が開始された、事業再構築補助金の3次公募について

・通常枠の補助上限額がアップ
・最低賃金枠の創設
・3次公募の注意点

を解説しました。

その他、「売上額の減少だけでなく、付加価値額の減少」でも申請できるようになり、売上は何とか維持できていても利益や人件費が下がって、業況が厳しい中小企業には朗報になっています。

詳細を知りたい方や資料は、以下のサイトへアクセスしてみてください。

事業再構築補助金HP にアクセス

主な変更点(PDF) にアクセス

 

関連記事

事業再構築補助金の事業計画書とは?

事業再構築補助金の指針が公表! 5つの類型・必要な要件とは?

令和3年度補助金に注目!大型補助金「中小企業等事業再構築促進事業」とは?

経営力向上計画とは?

関連記事

ページ上部へ戻る